自分勝手なセックスでは女性を満足させることはできません。女性をイカせる正しい挿入方法を伝授します。

女性が本当に感じる挿入方法

挿入前に濡れている事を確認

セックスの醍醐味でもある挿入時ですが
女性によっては痛みを感じてしまう場合があります。
男性の前戯が足りずに女性に痛みを与えてしまうと
女性がセックスに対して嫌悪感が出てしまい
最悪トラウマになる可能性もあるのです。
そこで絶対に女性を感じさせる挿入方法を伝授するので
男性の方はぜひ参考にしてみてください。
まず挿入する前に膣内が濡れている事を確認しましょう。
女性の膣内は湿度を保つために常に濡れている状態です。
ですがセックス時に興奮して濡れるのとは全くの別物なので
気を付ける様にしましょう。
見分け方は興奮して濡れてきた場合、膣の中だけでなく
外側にも愛液が溢れ出てくるのです。
前戯の段階で膣の外側がしっかり濡れているか確認しましょう。
女性が濡れていなければ挿入する時に上手くできなかったり
女性に痛みを与える原因になってしまいます。
女性の中には濡れにくい女性もいるので
前戯の時間を長く、丁寧にするかローションを使って
滑りを良くしましょう。
しっかりと濡れている事を確認できても
すぐに挿入してはいけません。
まずは膣の入り口に男性器の先端を少し押し付けます。
女性としては入れて欲しいけど中々入れてくれない…
という風に焦らされるのです。
焦らされる事によって女性の膣はさらに濡れていきます。
女性がガマン出来なくなって自分から入れて欲しいと
お願いされるまで焦らしても良いくらいです。

ポイントは「ゆっくり、丁寧」に

ここまで準備ができたらいよいよ挿入です。
挿入できるからといっていきなり奥まで
挿入することはしないで下さい。
膣の入り口は濡れていても膣奥はまだ縮んでいるはずです。
まずはペニスの先端を挿入して膣に馴染ませるように
ゆっくりと動かしましょう。
先端部分だけを出し入れする事で膣奥が刺激され
ゆっくりと広がってきます。
女性の反応を確かめながら痛みを与えないようにしましょう。
そしてある程度なれてきたら奥まで挿入します。
ここもゆっくり丁寧にです。
少し長いかもと思うくらい時間をかけてあげましょう。
女性は奥まで挿入されることで男性と一つになれた悦びで
快楽や幸福を感じます。奥まで挿入したところで
抱きしめたりキスをするのも良いでしょう。
そしてここから腰を動かしていきます。
自分勝手に動かずに相手の反応を見ながらゆっくり動きましょう。
女性によって性感帯は違うので反応が良い所を重点的に
突くようにします。また角度によっても反応が変わってくるので
お尻を持ち上げたり体位を変えるなどして工夫するようにしましょう。

Copyright © 性生活が充実するコラムサイト FAソフト All Rights Reserved.